ロゴ

綺麗な仕上がりになる!ふすまは業者に依頼して張替えよう

汚れたふすまはどうする?

和室の入口や仕切りなどに使用されている建具に「ふすま」があります。ふすまはよく汚れてたり、破損してしまったりするので定期的に張替えをする必要があるでしょう。そこで、ふすまの張替えについて紹介していきます。

ふすまを張替えるメリットBEST5

和室
no.1

汚れや破損が無くなる

ふすまを張替える最大のメリットとして、汚れや破損が無くなることが挙げられるでしょう。新品なので綺麗な状態を保てます。

no.2

室内の湿度調整をしてくれる

ふすまは室内の湿度調整をしてくれます。新しく張替えることによって、快適な室内空間にすることが出来るでしょう。

no.3

丈夫なふすまになる

張替える際に和紙から織物紙にすることによって、丈夫なふすまになります。汚れ防止の効果もあるので、なるべく張替えた方が良いでしょう。

no.4

部屋の印象が変わる

襖紙には数多くの種類があるので、張替えることで部屋の印象を変えることが出来るメリットもあるでしょう。ふすま1つでイメージが変わるので、チェックしてみると良いですよ。

no.5

洋室に変わっても使用可能

ビニールクロスをベニヤ板に張った板襖だと和室から、洋室にリフォームすることがあっても、そのまま使用することが出来ますよ。

ふすまの張替えはどうやって対応する?綺麗に張替える方法を紹介

和室

業者に任せるのが1番

ふすまの張替えをしたい場合、専用の業者に依頼すると良いですよ。知識と技術があれば自分でも張替え対応をすることが出来ますが、綺麗な仕上がりにするためには業者の力を借りるのが1番でしょう。

ふすま

自分で対応する場合

自分でふすまの張替えを対応する場合、まずは張替えに必要な道具から用意する必要があります。その他にも綺麗に張替えるために細かい計測などをしていかないといけないので、意外と大変な作業になるでしょう。手間がかかるので、やはりすぐ対応してくれる業者に依頼するのがおすすめと言えます。

ふすまを開ける人

ふすまを張替える時期

基本的にふすまは5年に1度のタイミングで張替えた方が良いと言われています。ふすまの表面は和紙で出来ており、部屋の空気を清浄にする効果がありますが、5年ほどで機能が低下してしまうでしょう。また、大体5年ほど使用していれば見た目も汚れてくるので、張替えると良いですよ。

業者に依頼してふすまを綺麗にしよう!

ふすまが汚れていると見た目も悪くなりますし、清浄効果なども落ちてしまいます。そこで、ふすまの張替えをしていく場合は自分で対応するのではなくて業者に任せましょう。確かな知識と技術で綺麗に張替えてくれますよ。もし、ふすまのことでお悩みなら業者に相談をすることです。

広告募集中