ロゴ

老朽化する前に対策を取ろう!リフォームの時期を知っていると便利

住宅の老朽化で悩んでいる場合…

同じ住宅にずっと住んでいるとどうしても経年劣化などで室内や設備など至るところで老朽化が目立ってしまいます。住宅の老朽化で悩んでいる場合は、リフォームを実施すると良いでしょう。リフォームは、老朽化した部分を改修工事で原状回復をしてくれます。ここでは、リフォームに関する情報を紹介しているのでチェックしてみると良いですよ。

リフォーム体験談を見てみよう

作業員

念願のシステムキッチンにできました

昔からある実家のキッチンが狭くて料理しにくかったので、リフォームをすることにしました。念願のシステムキッチンを手に入れて楽しそうに料理をしている母の姿を見てこっちも嬉しくなります。

綺麗なお風呂場になりました

ずっと使用していたお風呂場が老朽化してきたのでリフォームの依頼をしました。広々としたお風呂場に憧れていたので、色々と要望を伝えて理想通りにリフォームをしてくれました!依頼して本当に良かったです。

スムーズに対応ができた

リフォームの依頼をしてから実際に完成するまで、スムーズに進めることが出来ました。担当者とこまめに連絡を取って、何かあったらすぐに相談をして解決してくれたのは助かりました。

意外と早かった

リビング部分のリフォームを依頼しましたが、実際に想像していた期間よりも早く工事が完了したのに驚きました。リフォームだと工事期間も早いので便利だなと感じましたね。

とっても快適です!

バスルームやトイレなど水回りに関するリフォームをしましたが、本当に快適です。イメージ通りの仕上がりで使いやすくて家族全員満足しています。こんなに快適になるんだから、他の部分もリフォームしたくなります。

長く住み続けるために!

マンションや一戸建て住宅でも長く住むためには、老朽化を防いでメンテナンスやリフォームを実施する必要があります。愛知県名古屋市でリフォームをする場合、どのタイミングで取り組めばいいのか把握しておくと役立つでしょう。

知っておこう!リフォームが必要になるタイミングについて

作業員

水回りは10~20年を目途にする

住宅には快適に生活ができるように、いろんな設備が備わっていますよね。エアコンや換気扇からキッチンなどは必ずどの家にもあるといえる設備です。しかし、新しいころと比べると時が経つにつれて設備も衰えてきます。エアコンは、使う頻度が高いと10年も持たないこともあり、冬が厳しい仙台などでは使えないと非常に不便で、結局数年で買い替えが必要となってしまうこともしばしばあるのです。そして、他のトイレやバスルーム、キッチンなどの水回りに関しては基本的に10~20年ほどで老朽化してしまいます。老朽化が発生すると破損やヒビ、腐食などの問題が出るので注意が必要でしょう。毎日使用していく水回りなので、10~20年を目途にリフォームを検討すると良いですよ。

man and woman

内装は問題が発生したら取り組む

内装に関しては老朽化に違いがあるので、基本的に問題が発生したタイミングでリフォームをすると良いですよ。ふすまの張替えなどもリフォーム対象になるので、内装も注意して観察していくことが重要と言えます。

模型と人形

外装にも気を配ろう

老朽化は室内だけの問題ではありません。常に紫外線や雨風の影響を受けている外装も注目していきましょう。外装は大体10~30年前後で老朽化が発生するので、リフォームや改装をしていく必要があります。リフォームで老朽化を防いで、快適な暮らしを手に入れましょう。

広告募集中